iPadで日報を作成する

2020年05月04日

iPadを使って日報を書く

「PCを使った日報が苦手」「スタッフがPCを使えない」
もしそのようなお悩みをもっているのなら、タブレットを使った日報はいかがでしょう。たとえばiPadを使えば、日報の作成や、iPad上から日報をPDF化したり、プリンタがあれば印刷することもできます。なによりも、iPadはとってもかんたんに操作できるメリットがあります。PCが苦手でも、iPadは使えるという人も多いはずです。

iPadから日報を表示した例
iPadから日報を表示した例

パソコンと同じ日報業務がiPadだけで完結できます

Nipoはレスポンシブデザインで作られた日報アプリです。レスポンシブの特徴は、「どの機器からアクセスしてもきれいに見える」点です。例えばパソコンのように、大きな画面からNipoを利用するとこんな感じになります↓

PCから日報を表示した例。タブレットと比べ当然画面が大きいため表示項目も増える
PCから日報を表示した例。タブレットと比べ当然画面が大きいため表示項目も増える

よく見てみると、iPadから見た画面と比べてみると、機能に大きな違いが無いことに気づきます。極端に言うと、パソコンがなくてもNipoを利用することが可能です。

タブレットの強みは時間や場所にとらわれないこと

iPadから日報を書くイメージ
iPadから日報を書くイメージ

iPadはとってもコンパクト。カバンに忍ばせても邪魔になりません。 iPadとWifiがあれば、いつでもどこでも。日報を読んだり、コメントを返したりできます。 もちろんiPadから日報を書くことも可能。

タブレットだからこその強みを最大限に活用できます。

iPadの優れた特徴として、タッチパネルが使えるのもポイントです。iPadがそのまま1つのキャンバスになるので、手描きの地図やメモも指先一つでサクサクと描けます。 タッチパネルの他にも、背面に高性能なカメラが搭載されていますので、「現場の写真をカシャっと撮影して日報へ添付する」。といった使い方も可能です。カメラの無いPCではデジカメのデータを取り込んだり、メールで送ったりと非常に手間ですが、iPadならそれ1台で完結できます。これもまた、PCよりも優れたポイントですね。 タップ操作がとっても使いやすいので、タップで入力できる日報の様式を作れば、スタッフの入力負担も大幅に軽減できます。Wordで作ったような、きれいなレイアウトで日報を読んだり、書いたりできるのはNipoならではの大きな特徴です。

モバイルアプリは「子機」初期設定が済んでから導入するとスムーズです

タブレットから毎回Nipoのサイトを開くのは大変なので、Android/IOS版のNipo専用アプリを用意しています。日常の業務においてはこのモバイルアプリを使うことが最も理にかなっていますが、これは軌道に乗ってからの話です。 初めてNipoを利用する方は、テンプレートの作成など、初期設定までは画面の大きなPCから行うようにしてください。モバイルアプリはあくまでも「子機」のため、子機ですべてを完結させることは非常に非効率です。 モバイルアプリの導入は、すべてのお膳立てが済んでから。焦らずにまずはWebアプリのNipoを起動してください。あ、もちろんiPhoneでも同様です。

アイコン
今すぐ無料で始められますNipoの後継NipoPlusも

同じタグのついた記事一覧です