日報の修正と削除について

2020年05月04日

自分が書いた日報を削除する

会社の業務で作成する日報や、業務チェックシートは蓄積していくものです。そのため削除することは、あまりありませんが、例えば誤って2通作ってしまった場合など、本当に不要なら削除しましょう。 削除は送信BOXから削除したい日報を表示し、削除ボタンを押すことで削除できます。

削除ボタンを押すと日報が削除できます
削除ボタンを押すと日報が削除できます

なお、承認された日報は削除できません。どうしても削除が必要な場合は、一旦承認を解除してもらった上で削除してください。

自分が書いた日報を修正する

日報が棄却されたときや、下書きのままになっている日報を提出するとき、日報の修正機能を使って書き直すことができます。 修正したい日報を送信BOXから表示し、編集ボタンをクリックします

編集したい日報を表示し、編集ボタンを押す
編集したい日報を表示し、編集ボタンを押す

日報の編集画面に切り替わりました。画面上の見た目は日報の新規作成とほとんど変わりません。
新規作成との違いは、編集前のデータが最初から日報に記入されているということです。

日報の編集画面。新規作成との見た目の違いはほとんど無い
日報の編集画面。新規作成との見た目の違いはほとんど無い

もし手書きメモなどを編集する場合、すでに画像データとして加工されているので追記などはできません。

内容を書き換えて「修正完了」ボタンをクリックします。修正することで次のような変化が起きます

  • 日報・チェックシートのステータスが「審査前」に戻ります。提出先のメンバーは再び「承認・棄却」を行って下さい
  • 既読していたメンバーが全員「未読」に戻ります。共有先のメンバーは再び「既読」を行ってください
  • 修正された日報・チェックシートが受信BOXの先頭に表示されます

自分宛てに届いた日報を代理で修正する

自分宛てに届いた(提出先として指定)日報を、日報作成者に変わって代理で修正することができます。代理修正は他人の日報を書き換えるという性質上、 慎重に行ってください。代理修正の場合は修正前のログが自動で記録されます。

代理修正は受信BOXから代理修正したい日報を表示し、修正ボタンを押します。

他スタッフが書いた日報を代理で修正
他スタッフが書いた日報を代理で修正

内容を修正の上提出を行ってください。 代理修正では提出先や共有先の変更はできません。
代理修正したあとはログが残りますので、修正前後で内容の確認ができます。

代理修正では修正前後のログが残る
代理修正では修正前後のログが残る

このログは日報の作成者と日報の修正者が異なる場合にのみ作成されます。代理修正後、本人がまた修正した場合は代理修正にはならず、通常の修正となりその時点でログも削除されます。

日報が修正・削除できないとき

Nipoでは日報が承認されるとロックされる仕組みとなっております。考えてみれば当然ですが、承認してもらったあとで書き換えができてしまうとそれでは承認の意味がありません。

ある意味で白紙の委任状と同じです。

日報の修正や削除は承認されると行うことができません。どうしても修正や削除が必要な場合は、提出先のスタッフに連絡して日報を一旦棄却に変更してもらうように依頼してください。 棄却された日報であれば修正や削除が行なえます。

アイコン
今から始めるならNipoPlusのほうがおすすめ!Nipoならこちら▼

同じタグのついた記事一覧です